読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンVJとプロジェクションマッピング

アニソンVJに関する最新ニュースやトピック、技術メモなど、初心者に分かりやすく解説。おすすめアニソンVJソフト: VDMX5, Quartz Composer オススメVJ素材: VJ Beeple 動画編集: Adobe AE, Pr. Apple FCPX, Motion.

VJをするには、VJ機材を以下のようにして接続します。
VJ機材の接続図

以下の機材は不要です。でも絶対必要と思い込んでる人の多いこと。
最新のVJ機材

このように著しく画質が悪化します。なんと7倍も画素数が違います。
最新のVJ機材に国民的2Dアイドルもびっくり

これは酷いですね!国民的2次元アイドルもびっくりです。これは超カッコ悪いですね!
VJ機材の画質比較
どうしても必要なら別の方法があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

動画ファイル変換フリーソフトの紹介

VJのやり方

f:id:ctg:20160721222440p:plain

再生できない動画ファイルを、再生できる形式に変換する方法を解説します。再生できないのは、そのソフトがファイル形式に対応してないためです。変換すれば再生できます。

例えばmkvやwmv, flv, aviなどのファイル形式の動画は再生できないソフトもありますが、mp4に変換すれば再生できます。今回はその方法を解説します。

目次

  • ファイル形式とは
  • 動画のファイル形式を変換するには
  • 準備
  • 1個づつ変換する方法
  • 複数まとめて変換する方法
  • 動画から特定の範囲を切り出す

ファイル形式とは

ファイル形式は、コンピュータで利用するファイルの保存形式である。コンピュータで扱う動画などのファイルを、違うアプリで共通に扱うための形式や規格のこと。

映像のファイル形式は様々な種類があるが、そのアプリが対応していないファイル形式は扱うことができない。

ファイル形式 - Wikipedia

動画のファイル形式を変換するには

動画のファイル形式を変換するには、エンコーダーソフトを使います。代表的なものは以下。 今回、使い方を解説するのは、150種類もの動画形式に対応したエンコーダーソフトのFFmpegです。これは無料のフリーソフトで非常に対応したファイル形式が多く、ほぼ全ての動画を変換できます。FFmpegについて詳しくは以下をご覧ください。

FFmpeg - Wikipedia

ffmpegの使い方:tech.ckme.co.jp

準備

ffmpegをダウンロードします。

FFmpegホームページでDownloadボタンをクリックします。

f:id:ctg:20160722133014p:plainGet the packagesから自分のPC用のものをダウンロードします。

f:id:ctg:20160722133032p:plain

Download as DMGをクリックしてダウンロードします。

f:id:ctg:20170302115708p:plain

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして解凍します。

f:id:ctg:20160722133912p:plain

アプリ本体が現れます。以上で準備ができました。

1個づつ変換する方法

FFmpegを使い動画ファイルの形式を変換します。以下手順。
FFmpegはターミナルから実行しますので、まずターミナルを起動します。起動方法は以下のとおりダブルクリックして起動します。

f:id:ctg:20160722154158p:plain

すると以下のウィンドウが表示されます。

f:id:ctg:20160729151620p:plain

このウィンドウにFFmpegドラッグアンドドロップします。

変換したいファイルをドラッグアンドドロップします。

これを元に以下のようにします。

ffmpeg -i [変換前ファイル名] [変換後ファイル名]

f:id:ctg:20160729151253p:plain

変換後のファイル名は、変換後の拡張子を指定します。例えばmp4に変換したいなら変換後ファイル名の拡張子を.mp4にします。

キーボードのreturnを押します。すると変換が始まり、しばらくすると変換されたファイルが現れます。

f:id:ctg:20160724110545p:plain

複数まとめて変換する方法

複数ファイルを一括変換するには、AutomatorというアプリでFFmpegを連続して自動実行させます。以下手順。
準備として変換したいファイルを1つのフォルダにまとめます。

f:id:ctg:20160724124622p:plain

Automatorを起動します。場所はアプリケーション以下にあります。

f:id:ctg:20160724141442p:plain

メニューバーのファイルから新規をクリック。

f:id:ctg:20160724141827p:plain

ワークフローを選択して"選択"ボタンをクリック。

f:id:ctg:20160724141858p:plain

左側のペーンから右側へドラッグアンドドロップして以下を追加します。
"Finder 項目の選択を求める"の"タイプ"を"フォルダ"に変更。
"シェルスクリプトを実行"の"入力の引き渡し方法"を"stdin"から"引数として"に変更。

f:id:ctg:20160724142006p:plain

"シェルスクリプトを実行"に以下を入力する。

for f in "$@"
do
    [ここにffmpegドラッグアンドドロップする] -i "$f" "${f%.*}.mp4"
done

f:id:ctg:20160724143402p:plain

右上の"実行"ボタンをクリック。

フォルダ選択を求められるので、先ほどの動画フォルダを選択して"選択"をクリック。

f:id:ctg:20160724144652p:plain

しばらくすると処理が終わり、右下の"ログ"に"ワークフローが完了しました"と表示されます。

f:id:ctg:20160724143444p:plain

フォルダを確認すると、mp4に変換されたものが追加されています。

f:id:ctg:20160724125044p:plain

動画から特定の範囲を切り出す

f:id:ctg:20160818141538p:plain

動画の隅などに不要なものが映っていて、特定の範囲だけ切り取りたいことがありますね。この切り取ることをクロップと言います。

FFmpegはクロップ処理も可能です。それでは以下手順。

FFmpegで動画をクロップする

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

ターミナルがよく分からない人は、下記の"参考リンク"に初心者向け解説リンクを貼ったので見てください。

ffmpeg -i [元動画] -vf crop=x=[切り取りを開始するx座標]:y=[切り取りを開始するy座標]:w=[切り取る範囲の幅]:h=[切り取る範囲の高さ] [新しい動画]

f:id:ctg:20160818144828p:plain

これで動画のクロップができます。

f:id:ctg:20160818144849p:plain

開いてみると、以下のとおりクロップできてます。

f:id:ctg:20160818145514p:plain

動画から静止画像を切り出す

動画ファイルから静止画を切り出す方法。

[ffmpegドラッグアンドドロップ] -i [入力動画ファイル名] -ss 1 -vframes 1 -f image2 [出力ファイル名]

こんな感じです。めっちゃ簡単でしょ。やり方をさらに詳しく知りたいなら、

下の参考リンクの"ffmpegで動画から画像を切り出す | mitc"を見てね。

f:id:ctg:20160914124134p:plain

参考リンク

qiita.com

blog.codecamp.jpffmpegで動画から画像を切り出す | mitc

FFmpeg - Wikipedia

公式サイト FFmpeg