アニソンVJとプロジェクションマッピング

アニソンVJに関する最新ニュースやトピック、技術メモなど、初心者に分かりやすく解説。おすすめアニソンVJソフト: VDMX5, Quartz Composer オススメVJ素材: VJ Beeple 動画編集: Adobe AE, Pr. Apple FCPX, Motion.

VJをするには、VJ機材を以下のようにして接続します。
VJ機材の接続図

以下の機材は不要です。でも絶対必要と思い込んでる人の多いこと。
最新のVJ機材

このように著しく画質が悪化します。なんと7倍も画素数が違います。
最新のVJ機材に国民的2Dアイドルもびっくり

これは酷いですね!国民的2次元アイドルもびっくりです。これは超カッコ悪いですね!
VJ機材の画質比較
どうしても必要なら別の方法があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

プロジェクションマッピングTIPS

プロジェクションマッピングに関するTIPSです。

f:id:ctg:20161006133029p:plain

VJソフトとMadMapperをSyphonを使って連携する

Syphonとは、異なるアプリ間でリアルタイムに動画を共有する仕組みです。

例えば、VJソフトでMixした映像を、リアルタイムにMadMapperでプロジェクションマッピングできるとても便利な仕組みです。

どういうものかは、言葉で説明しても分かりづらいので、下記サイトで動画を見た方が理解が早いです。

syphon.v002.infoここではMadMapperとVDMX5を例に、Syphonを使った映像の送受信方法を解説します。

Syphonを使用するには

特に準備などは必要ありません。Syphon対応のソフト同士なら、単にそのソフトを起動するだけでSyphonによる映像共有が可能になります。

SyphonでVDMX5とMadMapperをつなげプロジェクションマッピング

それでは、VJソフトのVDMX5とMadMapperをSyphonを使って連携してプロジェクションマッピングします。

まず最初に、VDXM5からSyphonで映像を送信します。

手順は以下。

VDMX5を起動して、メニューバーのVDMX5からPreferences...をクリック

f:id:ctg:20161010103329p:plain

設定ウィンドウの左側のペーンよりRenderingを選択、"Skip Canvas Rendering?"のチェックを外す

f:id:ctg:20161010103342p:plain

Workspace InspectorウィンドウでPluginsボタンをクリック、+ボタンをクリックし"Syphon Output"プラグインを追加

f:id:ctg:20161010103403p:plain

Syphon Outputプラグインのウィンドウの"Main Output"にチェックをつける

f:id:ctg:20161010103420p:plain

これでVDXM5からSyphonで映像が送信されている。

次にMadMapperでVDMX5からの映像を受信します。

MadMapperを起動して、Syphon以下の"VDMX5 - Main Output"をクリック

f:id:ctg:20161010103445p:plain

これでMadMapperでVDXM5からの映像を受信できました。